インバウンドマーケティング(コンテンツマーケティング)をサポートします。

インバウンドマーケティング


インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは、広告出稿やSEO対策に頼るのではなく、有益なコンテンツを作成し、検索等で、見込み顧客に、見つけてもらい、貴社や貴社の商品やサービスに興味を持ってもらう、マーケティング施策です。見込み顧客に、有益で、魅力的なコンテンツを、WEB上で提供し、検索で『見つけやすく』し、自社サイトに誘導しやすくします。ま た、それだけでなく、自社サイトを訪れた見込み顧客を、『見込み顧客』から『顧客』にするまでの過程を、『インバウンドマーケティング』と呼びます。有益な情報の配信手段として、ブログ活用があります。また、facebookなどの、『SNS』の活用は、シェアなどの、情報の拡散が期待でき、効果も見込めます。

見込み顧客の囲い込み

単純に、自社サイトにアクセスを増やすだけではありません。有効な、見込み顧客がた 自社のWEBサイトにたどり着き、有益な情報を得て、再度、訪問してもらえる、WEBサイトを構築します。結果、優良な見込み顧客を囲い込むのです。見込み顧客にたどり着いてもらうために、コンテンツに、適した『キーワード』を盛り込むことが必要です。

見込み顧客が顧客に

ユーザーは、有益な情報を求めています。囲い込んだ見込み顧客へは、有益で、魅力的なコンテ ンツを提供します。見込み顧客が望んでいる情報の提供はもちろん、問題や疑問、悩みを解決する内容のコンテンツも有効と言われています。WEBサイト上での情報提供も有効で すが、より、生徒が高い見込み顧客には、メルマガでの、定期的な、情報提供は有効で、見込み顧客から、顧客への、大きなステップになります。貴社や貴社の商品、サービスに、魅力を感じ、また、問題や疑問、悩みが解決されれば、『見込み顧客』は『顧客』になります。

インバウンドマーケティングに有効なWEBツールは?

SNSの活用

インバウンドマーケティング_top_02

フェイスフックやツイッターなどの、SNSは、すでに、世界中で多くの人に利用されています。また、共通の興味をもった人たちが繋がっていることがほとんどです。ソSNSでの、有益なコンテンツの提供は、検索で見つけてもらう以上の、情報の拡散、それも、同じ興味を持った人たちへの、情報の拡散が期待でき、インバウンドマーケティングの効果も期待できます。

ブログの活用

インバウンドマーケティング_top_03

ブログは、インバウンドマーケティングのツールとして、最も適しているツールと言われ ています。更新のしやすさや閲覧者の気軽感なども、理由にあると思います。ブログでの有益なコンテンツの提供は、検索されやすく、多くの情報が配信できます。貴社や、貴社の商品、サービスの魅力を伝えることはもちろん、問題や疑問、悩みを解決するコンテンツの配信には、最適のWツールです。私たち は、WEBツールの作成で、貴社の、インバウンドマーケティングをサポートします。

キーワードの設定

インバウンドマーケティング_top_04

ただ単に、コンテンツを配信しているだけでは意味がありません。見込み顧客に、検索され、貴社のWEBサイトを見つけてもらうことからスタートします。見込み顧客、それも、より、精度が高い、見込み顧客に、WEBサイトにたどり着いてもらうには、その見込み顧客が、どのようなキーワードで検索しているかを予測し、設定する必要です。この、キーワードを盛り込みながら、コンテンツを作成することが、とても、重要です。

コンテンツ作成

インバウンドマーケティング_top_05

インバウンドマーケティングでは、コンテンツが最も重要だと、私たちは考えています。見込み顧客に有益で、魅力がある、そして、内容が理解しやすいコンテンツが必要です。ですが、見込み顧客にとって、有益で、魅力がある内容でも、それが、『欲しい』『必要』と感じてもらえなければ、良い結果は得られません。また、問題や疑問、悩みが解決できる、有益な情報は重要になります。私たちは、コンテンツ作成で、貴社の、インバウンドマーケティングをサポートします。

メールマガジンの活用

インバウンドマーケティング_top_06

貴 社サイトに再訪するユーザーの中でも、メールマガジンに登録するユーザーは、より優良な見込み顧客です。その、優等な見込み顧客に対し、より、興味を持ってもらえる情報を配信することが重要です。新商品の情報や、メリット、また、問題点や疑問、悩みを解決するコンテントの配信は、とても有効だと考えています。私たちは、見込み顧客が顧客に変わる、『問い合わせ』『相談』『面談』『購入』へ導くための、メルマガの運営をサポートします。

お問い合わせ

インバウンドマーケティングは スラッシュ ハウス
インバウンドマーケティング_contact_01

インバウンドマーケティング_contact_02


↑ PAGE TOP